2014年09月25日

整体リラクゼーションマッサージ業界での業務委託という働き方

業務委託という働き方

整体・マッサージ業界では一般的な働き方の業務委託

普通の求人情報を見ても雇用形態の欄に業務委託とはありませんが、整体・マッサージ・リラクゼーション系の求人には必ずと言えるくらい業務委託という言葉があります。正社員、パートアルバイトの雇用と比べてあまり馴染みのないこの業務委託という働き方は具体的にはどのような働き方なのか。

正社員・パートアルバイトとの違い

業務委託の基本的な考え方は、会社に雇われるのではなく会社と個人が対等な立場で契約を結ぶと言うこと。企業側の指揮命令の下で仕事を行なうわけではありませんので、契約外の業務は断ることができますし解雇もありません。正社員・パートアルバイトとは異なりその企業の職場環境の改善なども業務の対象外となります。

会社と対等な立場で契約するので契約内容のみに従事すれば良い、それ以外は自由

業務委託という働き方
例えばお店のビラ配りや店内の清掃等の店舗内業務は一切する必要はありません。休憩時間は自由なので常識の範囲で何をしても良く例えば、マンガを読んでもスマホでゲームしても問題ありません。

労働基準法が適用されない、つまりあらゆる保証がない!

最低賃金、残業代、割増賃金、年次有給休暇の制度を定めている労働基準法の適用がされない。

確定申告を自分でしなければならない

確定申告
正社員やパートアルバイトであれば税金の申告は勝手に会社がやってくれるので、毎月の給与明細に内訳も出てきますが、業務委託の場合は確定申告と言う税金の申請を自分で行わなければなりません。年に一度、自分の収入を計算し見合った税金を税務署に納めなくてはならないので大変手間がかかります。

もしも、面倒がって確定申告をしなければ税務調査され追徴課税される場合もありますので必ずしなければなりません。減税対策として経費で賄えるものなど多々ありますからきちんと勉強する必要も出てきます。

報酬は高いがトラブルの際は全て自己責任

正社員やパートアルバイト雇用に比べ施術一本当たりの報酬は高く設定されています。しかし、最低保障賃金が保障されない場合も多く、忙しいお店で働くのであれば効率よく稼げますがお客さんが来なければ報酬も0円交通費も出ない場合がほとんどです。

会社と個人が対等な立場で契約を結ぶのが原則の業務委託ですから、万が一、お客さんに施術をしてケガをさせてしまったりなどのトラブルが起きた際、会社が間に入って仲裁などしてくれません、あくまでも自己責任となります。

整体・マッサージ専門の保険会社に加入しておけば安心

業務委託で働く整体・リラクゼーションのセラピスト・マッサージ師さんが加入できる民間の保険会社は多数あり月2000円前後でお客様にケガをさせてしまった際の対応をしてくれます。

悪意のあるクレーマー等のタチが悪い人が相手でもきちんと保険会社に加入しておけば相談も出来て安心ですので必ず加入しておきましょう。詳しくは、セラピストと整体師の保険!リラクゼーション業界で働く人が加入できる保険の種類




独立開業を目指すなら業務委託という働き方で力をつける

ハイリスク・ハイリターンなのが業務委託という働き方。しかし、近い将来に独立開業しようと考えている人にはリスクの低い開業と言えます

会社に場所、ベット、お客様を用意してもらえ、確定申告を自身で行う為、独立開業した時の練習になりますし、指名のお客様が出来れば開業した後、誘導できます。

将来的にどのような働き方で生活をしていくのか、自身のビジョンが明確になった時に業務委託という働き方を視野に入れてみましょう。

0円でセラピストの資格を取ろう!最短2週間で卒業♪【Re.Ra.Ku】

 
この記事もおすすめ
人気の記事
最近の記事
たったの30秒!膝の痛みに効く縫工筋マッサージが超簡単
たったの30秒!膝の痛みに効く縫工筋マッサージが超簡単
ひどい腰痛にお尻マッサージが効く!中殿筋を肘で緩める腰痛マッサージ
ひどい腰痛にお尻マッサージが効く!中殿筋を肘で緩める腰痛マッサージ
鉄板の肩こりには腕のツボ!腕マッサージで肩こりを即効でほぐす
鉄板の肩こりには腕のツボ!腕マッサージで肩こりを即効でほぐす
二の腕マッサージが背中に効く!背中を楽にほぐせる二の腕のツボ
二の腕マッサージが背中に効く!背中を楽にほぐせる二の腕のツボ
内臓テクニックがすごい!ぶり返す疲労感、肩こり腰痛は内臓下垂が原因
内臓テクニックがすごい!ぶり返す疲労感、肩こり腰痛は内臓下垂が原因